WELQのアクセス数の伸びと、記事のパクリがエゲツない!という話

2カ月前にWELQの勢いについての記事を書いたけど、今もこのサイトの勢いは止まらない。いや、むしろさらに勢いが増しているような気がします。ということで、前回と同じように「similarweb」で調べてみたら…

%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%ab%e3%82%af%e3%80%80%e6%8e%a8%e7%a7%bb2

出典:similarweb

月間アクセスがずっと右肩上がりで、前回の「18.9M」より約2.6倍多い「49.1M」となっていました。ということは、あくまで見積もりだけど月間4,910万人がウェルクの記事を見ていることになります。

さすが、球団を持つぐらいの大企業DeNA!!スゴイ!!

なんて言うワケがありません。なぜなら、WELQは「あらゆる著者の思いを踏みにじること」で成長しているに過ぎないからです。

WELQのパクリ問題~大企業がそんなことしていいのか?~

最近、ネット界(主にブロガーやアフィリエイター)からWELQを問題視する声が多くみられるようになりました。例えば、カツシンさん、2chハテナブックマークなどです。

Q.実際のところ、どんな風にパクっているのか?

ちょっと調べてみました。

 ウェルクの記事(出典明記ナシ)

赤ちゃんのベッドを作り始めた日から、女性の身体は温かくなり、赤ちゃんを温かく迎えようとしているんです。ということは、この高温期になったときからが、妊娠可能な時期ということになります。(https://welq.jp/5294)

 パクられた記事

赤ちゃんのベッドを作り始めた日から、女性の身体は温かくなり、赤ちゃんを温かく迎えようとしているんです。
ということは、この高温期になったときからが、妊娠可能な時期ということになります。

生理について – 大阪不妊センター(大阪府箕面市)の記事

エゲツない…。エゲツなさすぎる程パクッている…。正直、ここまでヒドいとは思っていませんでした。

 

著者さんが、読者さんに分かりやすく伝えるために、
一生懸命考えた【思いの詰まった表現や解説】を丸パクリする。

 

こんなことを、社会的に影響力も強い東証一部上場企業がしてもいいのでしょうか?

ほかにも、探せばパクリ記事が無数にあります。私が見た中で一番ヒドイのが、このような↓1項目ほぼ丸パクリです。

 ウェルクの記事(出典明記アリ)

まず、再発予防の基本となるのは水分摂取です。1日尿量2000ml以上では、結石形成頻度が低下すると言われています。そのために食事以外に2000ml以上の水分摂取が必要です。尿中の結石形成促進物質(カルシウム、シュウ酸、尿酸など)の、過剰排泄をきたすような飲料は避ける必要があります。
砂糖はカルシウム排泄を増加させるため、甘い清涼飲料は避けましょう。紅茶、緑茶はシュウ酸の含有が多いので過剰摂取は避けましょう。適当なものとしては麦茶やほうじ茶、水道水です。(https://welq.jp/25508)

 パクられた記事

まず再発予防の基本となるのは水分摂取です。1日尿量2000ml以上では結石形成頻度が低下するといわれています。そのために食事以外に2000ml以上の水分摂取が必要です。ただし尿中の結石形成促進物質(カルシウム、シュウ酸、尿酸など)の過剰排泄をきたすような飲料は避ける必要があります。砂糖はカルシウム排泄を増加させるため、甘い清涼飲料は避けます。また、ビールはプリン体を多く含むため特に尿酸結石では過剰摂取は避けます。適当なものとしては麦茶やほうじ茶、水道水といったところでしょう。(食事療法「尿路結石症」

こちらの場合は、「出典元を明記しているので問題ない。」なんて言い訳されそうですが、引用のルールをもっとDeNA社内で徹底してほしいところです。

今はパクらずに一生懸命記事を書いた人がバカを見る世界・・・

だけど、きっと近い将来Google先生が対策してくれるハズです。あんな人の思いを踏みにじり、検索エンジンの穴をついたようなサイトはいずれ死にます。

なので、「盗作探し、パクられないようにする対策」などのキュレーションサイトへの対抗方法なんかに時間を使っている暇があれば、少しでも読者さんのことを考えた記事を作成すべきなのです。

対策するだけ時間のムダです。

これから私たちはキュレーションサイトのことは気にせず、読者さん達の役にたったり、楽しんでもらえるようなコンテンツを提供しておくことに集中するだけでいいのです。あなたの貴重な時間をムダにしないでください。

最後に、誰かに文章を公開することの多いあなたに、一流ライターの堀井さんの言葉を贈っておきます。

文章をかくかぎりは、
人を変えるものを書かないと意味がない。

堀井 憲一郎(2011)「いますぐ書け、の文章法」ちくま新書

4 Responses to “WELQのアクセス数の伸びと、記事のパクリがエゲツない!という話”

  1. 私もwelqにコンテンツをパクられ、非常に腹を立てている一人です。
    対策するだけムダ、確かにその通りです。人の道に背いたあんなコンテンツがいつまでも優遇されるはずがありません。この記事を読んで、少し溜飲が下がりました。

  2. googleが本当に近い将来なんとかしてくれたらよいですが、
    現状は著作権侵害の申し立てをしても拒否されるという現実が待っています。
    こちらがオリジナルだという証明が難しく、
    私も何度も悔しい思いをしています。
    googleはお金が入る方の味方かもしれません。

  3. 人の想いが詰まった記事を盗んで平気なことをしてるWELQは絶対許せません。経営陣は盗んだ相手をみながらヘラヘラしてるんでしょうね。一部上場企業でこんな悪質な企業があるなんて・・・。もともとペットオークションを世間からさんざん叩かれても最後までやってたろくな企業ではないのでしょうが・・・。

  4. 犯罪行為で挙げた収益がラミレスや三浦大輔みたいなクソ野球選手の
    懐を潤していると思うと反吐しか出ませんね

コメントを残す